一人暮らし 包丁 何本

一人暮らしで必要な包丁の本数

スポンサードリンク

一人暮らしで包丁は何本必要?

一人暮らしだと主婦のようにたくさんの料理を作る必要がありませんし、品目もそこまで多くありませんから、三徳包丁(万能包丁)が2本あれば十分です。しかし、包丁には様々な用途があり、使い分けることでとても便利になることも忘れないで下さい。

 

私は自炊するようになって10年以上経つのですが、自炊を経験してあると便利だと思った包丁をご紹介します。

 

まずは三徳包丁ですね。当たり前かもしれませんが、なんだかんだこれをずっと使ってしまいます。野菜を切るための菜切り包丁や魚を下ろすための出刃包丁は必要ありません。一人暮らしならこれさえあれば十分です。ですから、この包丁以外を使ったことがない人もいると思いますが、ほとんど困らないですね。それぐらい使いやすいです。

 

次が牛刀です。三徳包丁と並ぶ万能包丁ですが、先が鋭いので切り込みしやすいのが特徴です。万能包丁も扱いやすいですが、個人的には牛刀もかなりおすすめですね。万能包丁と同じぐらいの頻度で使います。正直なところ三徳包丁と牛刀は完全に好みです。実際に触ってみてどちらの方が使いやすかで決めるのがいいと思います。

 

また、お肉が切りやすいように幅が狭くなっているので一人暮らしでお肉が多くなる人にもおすすめです。

 

最後に、意外なところでおすすめなのがパン切りナイフです。パンを切るための包丁ですが、パンを潰さずに切れるのでかなりいいですよ。値段も1000円ぐらいで買えるので持ってても損はないと思います。パンを切る場面ってなかなかないように思えて結構あるんですよね。

 

フランスパンとかは包丁だと切りにくいですが、のこぎりのようなパン切りナイフだとサクッと切れますし、食パン1斤まるまる買ってきたりしても手軽に切れるので本当におすすめですよ。

 

以上を踏まえると、だいたい2本〜3本ぐらいあればいいのかな?と思いますね。三徳包丁なら中サイズのものと小さいものを一つ、牛刀なら1本、それぞれに+パン切りナイフがあると困らないと思います。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ