一人暮らし 両手鍋

一人暮らし用の両手鍋

スポンサードリンク

一人暮らしの両手鍋

両手鍋は片手鍋に比べると使用頻度は少ないですが、カレーやシチューなどの煮物を作るときに使いますね。片手鍋だと小さなものを似たりすることしかできませんから、ひとつは持っておきたいところです。

 

そこまで使わないから片手で十分と思う人もいるかもしれませんが、片手鍋一つ持っておく予定なら両手鍋一つに変更しましょう。両手鍋は大きめの煮物や煮込み料理、パスタやうどんをゆでたりと幅広い仕様ができますが、片手鍋は小さいものがメインになるので後々後悔します。どちらも持っておくのが便利でおすすめなのですが、一つだけと決めているなら両手鍋を選ぶようにしましょう。

 

鍋が必要ないと思う人もいるかもしれませんが、レトルト食品を温めるのにも使いますし、意外と使いたくなる場面は多いですから、購入しておくと便利ですよ。

 

両手鍋を選ぶ際は、まずサイズを見ましょう。一人暮らしなのでそこまで大きなものは必要ありませんが、小さすぎると中途半端で使いづらいので20センチ〜22センチがおすすめです。これぐらいのサイズなら1度に3人前ぐらいは作れるので、作りおきにも便利ですし、サイズも大きすぎないので冷蔵庫にも入りやすいです。

 

これ以上のサイズになると扱いが面倒だったり洗いにくかったりするので、一人暮らしには向いていません。そんなにたくさん作ることもないと思いますから、まずはこれぐらいのサイズで十分です。

両手鍋の素材

両手鍋は素材が充実していますが、おすすめはアルミですね。ステンレスは見た目がとっても綺麗なのでこちらも悪くないのですが、一人暮らしの料理には向いてないかな?と思いますね。重いですし熱の伝わり方が悪いので、短時間でぱぱっと料理したいときに不向きだからです。

 

一方アルミは熱が伝わりやすいので、お湯を沸かしたりするのに便利です。手軽に料理できるのでとりあえずアルミ鍋を持っておけば問題無いと思いますよ。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ