一人暮らし 片手鍋

一人暮らし用の片手鍋

スポンサードリンク

一人暮らしの片手鍋

一人暮らしで片手鍋は重宝しますが、両手鍋ほどではないと感じています。煮込み系料理なら両手鍋のほうがしっかりしているので向いていますし、うどんやパスタなどを茹でるときもたいていは両手鍋で行ってしまうからです。

 

片手鍋を使うのは割と質素で簡単なものの時で、カップラーメンのお湯を沸かしたり、袋ラーメンを作るときに使うぐらいで、後は全部両手鍋で済ませてしまっています。本格的に料理するなら両手鍋の方が優先順位は高いです。

 

しかし、これは個人のライフスタイルで変わるので、普段どれぐらい料理をするのか?何を食べるのか?といったことを参考にしながら、自分に向いているタイプを選ぶといいと思います。

 

片手鍋のサイズは16センチ〜18センチぐらいがおすすめです。18センチ以上になると取り回しが若干面倒になるので両手鍋に軍配が上がります。片手鍋の良さは手軽に使えるというところですから、その良さを活かすためにも両手鍋よりは小さいものを選びましょう。両手鍋を使わず全て片手鍋で行いたいのであればもう少し大きめの20センチでも構いません。

 

また、鍋の種類によっては内側に計量できるメモリがついていることもあります。これがあるといちいち計量カップを使わなくて済むのでとても便利です。せっかく片手鍋を使うならこういった利便性も求めてみるといいでしょう。

 

もう一つ重要なのが鍋の縁に注ぎ口がついているかどうかです。注ぎ口があるとラーメンや味噌汁などを器に移すときにこぼれにくいのでおすすめです。お湯をわかすときにも使いやすいのでできれば注ぎ口が付いているものを選びましょう。

片手鍋の材質

片手鍋は手軽な汁物を作ることが多いので、アルミでもステンレスでもどちらでもいいと思いますが、長く使っていくならステンレスがおすすめですね。見た目もピカピカで綺麗ですし、調理器具をステンレスで揃えるとかなり見栄えがいいです。

 

ですが、ステンレスはアルミに比べるとかなり重いので扱いにくくなってしまうが欠点です。お湯をささっと早く沸かしたいときはステンレスよりもアルミのほうがいいですし、煮物などで保温性がほしい時はステンレスのほうがいいです。

 

こちらもサイズと同じように、普段の使い方を考えてみるといいでしょう。バリバリ料理していくならアルミよりもステンレスの方が便利ですし、週に数回しか料理しないならアルミのほうが使いやすいです。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ