一人暮らし お玉

一人暮らし お玉

スポンサードリンク

一人暮らしで必要になるお玉の選び方

煮込み料理や中華料理で欠かせないのがお玉です。お玉にも選び方があり、便利な使い方や最適な使い方があります。

 

深いタイプと浅いタイプがありますが、深いタイプの方が汎用性があります。煮物をすくったり汁物をよそう時に使うので深めでいいと思いますが、お玉の形にも注目しましょう。

 

お玉って丸いタイプだけでなく、先が四角くなっているものもあります。シャベルのような形なのですが、これは鍋底に丁度フィットするようになっていたり、お玉の丸みが四角くなることで鍋の隅にちょうどはまるようになっています。適当に丸いものを選ぶのではなく、利便性も考えてみるといいでしょう。

 

材質も鉄製のものからシリコン素材、木製もありますが、おすすめは鉄製のお玉です。以前シリコン素材のお玉を使っていたことがあるのですが、色が染み付いたり臭いが取れなくなったりするのであまりおすすめできません。シリコンは性質上、小さな傷ができやすく、色や臭いが入り込みやすいんです。ですから、調理器具に使うのは鉄製がいいとお見ます。

 

木製お玉も使っていたことがありますが、こちらもカビや臭いがつきやすく、かなり気になったので今は使っていません。鉄のお玉は臭いや色が染み付きにくいですし、劣化しにくいので長く使っていけます。その代わり、鍋やフライパンが傷つきやすいのでテフロン加工してある鍋類を使うときは注意が必要です。

 

中華料理を作るときのお玉はきれいなまん丸の専用お玉がおすすめです。チャーハンを作るときは裏の部分で軽く潰すように卵と絡めていきますし、麻婆豆腐は裏の部分で押し流すように混ぜていきます。

 

このように、同じお玉でも料理によって使いやすいものがあるので、数種類揃えておくと便利ですが、一人暮らしを始めるならまずは鉄製のお玉を持っておけば十分でしょう。シリコン製を選ぶなら色は黒のほうが色の染み付きが気になりませんし、鉄製ならまん丸で底が深いものにすると鍋を傷つけにくいのでおすすめです。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ