一人暮らし 菜箸

一人暮らし 菜箸

スポンサードリンク

間違いやすい菜箸の選び方

料理に欠かせない調理器具の一つが菜箸ですよね。揚げ物、炒めもの、焼き魚、麺類を茹でる時など用途は多彩ですね。今更語ることもない菜箸なのですが、料理初心者がやってしまいがちな間違いがあるので紹介します。

 

まず、菜箸の紐についてです。菜箸といえば紐で繋がれて一つのセットになっていますが、このタイプはおすすめしません。もし紐がついていたら切ってしまってかまいません。紐で繋がっていると使いにくく、洗い物の汚れを吸収してしまうので外してしまいましょう。その分紛失しやすいのでは?と思うかもしれませんが、セットになっていてもなくしてしまう時はありますから、特に不便に感じることはありません。

 

次に素材についてです。基本は竹製のものを選びましょう。シリコン製はしっかりしたものなら耐熱性も安心ですが、安物だと揚げ物で曲がってしまったり、溶け出してしまうので注意して下さい。シリコン製を使うときは揚げ物に使えるのか、何度まで耐えられるのかをチェックしておきましょう。

 

最後に菜箸の揃え方です。菜箸は折れてしまう事が多く、かなり高い頻度で買い替えます。炒めている最中にポキっと先端が折れてしまったり、洗い物の下敷きになっていたりして知らない内に折れたりしちゃいます。また、熱いものを切るときに菜箸で支えていると、間違えて包丁で一緒に切ってしまうこともあるので、多めに購入しておいても損はしません。

 

ですが、揃え方に注意して下さい。菜箸は基本的に、同じもので統一するのが望ましいです。その時その時で買い足すと長さが一致しない菜箸ばかりになってしまったり、長さが違うと紛失した時に不便ですから、デザインはともかくとして長さだけでも綺麗に揃えておくようにしましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ