一人暮らし まな板

一人暮らしのまな板について

スポンサードリンク

一人暮らしにピッタリなまな板のサイズ

一人暮らしだとキッチンが狭い場合が多く、まな板を適当に選ぶと料理がしにくくなるのでちゃんと選ぶようにしましょう。

 

まな板のサイズは小さいほうが扱いが簡単で洗いやすく、収納も簡単ですね。ですが、小さいまな板は本格的な調理には向いていません。ですから、一人暮らしでこれから料理を始める場合は大きいまな板がおすすめです。

 

もし、キッチンが狭かったり、シンク横のスペースがない場合は、調理スペース用の机を設置するなどしてしっかりとまな板をおける場所を作ったほうがいいですね。サイズが小さいと食材がこぼれてしまったりするのでイライラしますし、狭いところで料理するのは危険ですから、大きめのサイズがいいと思います。

まな板の種類

まな板の種類についてですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

まずは最も一般的なプラスチック製のまな板ですが、これは乾きやすく手入れもしやすいので非常に衛生的です。傷もつきにくいので長く使っていけるのはこちらですね。カビの心配もほとんどありませんから、まずこちらを選んでおけば問題ありません。値段は1000円以下で取っ手が付いているものがおすすめです。収納スペースがないときに引っ掛けておけるので便利ですよ。

 

ただし、まな板の裏が水で濡れていたりすると滑りやすく、怪我をしてしまう可能性もありますので、まな板の裏に付近を敷いておくなどの工夫が必要です。

 

本格的な料理といえば木製のまな板を使いたい人もいると思いますが、木製のまな板は衛生面での扱いが難しく、すぐにカビてしまうのであまりおすすめできません。ですが、木製のまな板は軽くて扱いやすく、食材を切る感触も心地よいのでしっかりと洗いものできるなら木製でもいいと思います。

 

天日干しなどをしてカビないように注意しなければならないのでそれなりに手間がかかりますし、使えば使うほど確実に劣化していくので定期的な買い替えが必要になります。長く使っていくためにはかなり手間のかかる手入れが必要になるので、一人暮らしの方はプラスチックの方がいいと思いますね。

 

一番おすすめできないのはシートのようなまな板です。カッティングシートとも呼ばれますが、あれは本来まな板の上に敷いて使うもので、単体で使うのには向いていません。お菓子作り度では重宝しますが、それ以外で使うのは難しいでしょう。滑りますし、柔らかいので力が入れづらくとても危険です。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ