料理 ボウル

料理 ボウル

スポンサードリンク

ボウルの素材と選び方

キッチンで頻繁に使うボウルも、素材によってメリットデメリットがあります。普段の料理の傾向などを考えながら選んでみましょう。

 

ボウルは樹脂製、ステンレス製、ガラス製、プラスチックがあります。それぞれの素材の特徴について説明します。

 

樹脂(シリコン)

シリコン製のボウルの良さはなんといっても収納力です。折りたたみ式になっていることが多く、狭いスペースや引き出しの中にも入るのでキッチンがあまり広くない人におすすめです。見た目も可愛いのでそのまま食器としても使えます。サラダを作ってそのまま食卓に並べられるので、洗い物も減らせますね。

 

一方で、他の素材に比べて熱の通りが悪いので、湯煎などには向いていません。また、傷がつきやすく、裂けたり穴が開くこともあります。傷がつくと少しずつですが料理の色が染み付いてしまうので、劣化しやすいのもデメリットです。シリコンはふにゃふにゃしていて安定しない場所で使うのには適しません。間違って床に落としてしまうこともあるので、できれば避けたいです。

 

プラスチック

軽くて取り扱いやすいので女性におすすめです。シリコンのような折りたたみはできませんが、湯煎もできますし、熱伝導率が高すぎないので火傷の危険もありません。

 

デメリットは熱に弱いことです。火を扱っているところの近くにおいておくと簡単に変形してしまうので、火には注意したいところです。

 

ステンレス

熱の伝導率が高いので、湯煎に向いていますし、逆に冷やすのにも向いています。ハンドミキサーや泡だて器などの衝撃にも強いので、ちょっとしたことじゃ壊れませんし、シリコンのような染み付きもありません。万が一床に落としてしまっても割れる心配がないので安全です。

 

熱の伝導率が高いので、火傷の危険があります。それさえ気をつけておけばデメリットはほとんどないと思います。

 

耐熱ガラス

傷がつきにくく染み付きもないので衛生的です。透明のガラス製のボウルは高級感があり、キッチンも華やかになります。見た目にもこだわりたいならガラス一択だと思いますね。耐熱性があるので電子レンジでも使えますし、湯煎にも向いています。

 

デメリットは落としたら割れてしまうことと、重たいことです。洗い物の時には特に苦労します。片手で持っているとおもすぎるあまり手がしびれることもあります。キッチンが広い人向けですね。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ