フードプロセッサー 選び方

フードプロセッサー 選び方

スポンサードリンク

フードプロセッサーの選び方

フーおプロセッサーは多種多様で、色々なものが売られているのでどれを買おうか迷っちゃいますよね。どれも同じなのか?高いほうがいいのか?安くても使えるのか?など、色々悩むところがあると思いますが、私が買ってみて正解だったところや間違いだったところを紹介するので参考にしてみてください。

 

食材の入口

意外と見ないのが食材を入れる口の大きさです。私はフードプロセッサーを2台持っているのですが、1台目は完全に失敗でした。というのも口の大きさが小さすぎて、食材を事前に小さくカットする必要があるからです。

 

他のフードプロセッサーも食材のカットは必要なのですが、極端に小さすぎると自分で刻んだほうが早いという結果になってしまうので、ある程度の大きさのものもいれられる方が良いです。

 

持ち運びの便利さ

キッチンが広いなら置いたままでもいいのですが、フードプロセッサーは毎日使うものでもないので、一人暮らしだと別の場所にしまうこともあると思います。いちいち取り出すのが面倒にならないような作りになっている方が飽きずに使えます。

 

重すぎたり、パーツが分かれすぎてて紛失しやすいものはできるだけ避けたほうが良いです。

 

ハンドタイプか据え置きタイプか

フードプロセッサーには大きく分けて2種類あり、ハンドタイプと据え置きタイプがあります。先ほどから説明しているのは全て据え置きタイプについてですが、ハンドタイプも使い勝手がよくあると便利です。

 

ハンドタイプの良いところは洗い物が増えないことと、手入れが非常に楽なことです。一人暮らしならハンドタイプでも十分かもしれません。

 

据え置きタイプのフードプロセッサーは多機能になっていることが多く、替え刃の量が多いので、使い切れないこともあります。私が購入したフードプロセッサーには、みじん切り用の刃をはじめ、スライス用、混ぜる用、おろす用、泡立てる用などがありましたが、結局使っているのはみじん切りだけです。スライスとおろしはフードプロセッサーを出すまでもなく、包丁を使ったほうが圧倒的に早いですし、泡立てや混ぜるはみじん切り用の刃で代用できます。

 

多機能でも私のように使い切れなければ無駄になってしまうので、自分が何をしたいのか、どういった時に使いたいのかを考えるのがベストです。とりあえず機能はいっぱいあったほうがいいという感じで適当に選ぶと後悔するので、用途をちゃんと考えたほうが良いです。

 

個人的にフードプロセッサーがあってよかったなと思っているのは、ひき肉とパン粉が自作できることです。ひき肉を切らしているときは豚バラなどを細かくみじん切りにしてひき肉として代用することもありますし、パン粉は買っていません。パンの耳などを安く購入して自作しています。こういった使い方もできるので、フードプロセッサーはおすすめです。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ