風邪を引いたら消化のいいものを食べる

風邪を引いたら消化のいいものを食べる

スポンサードリンク

風邪を引いたら消化のいいものを食べよう

一人暮らしで風邪を引いてしまっても、身の回りの世話をしてくれる家族がいないので、全て自分一人でやらなければなりません。体がだるくて動きたくなくても家事をしなければならないのはとても辛いです。

 

風邪を引いた時は消化しやすい食べ物を食べるようにしましょう。胃腸が弱っているので、負担をかけると風邪の治りが遅くなるだけでなく、さらに体調を悪化させてしまいます。

 

風邪に良い食事は、暖かくて消化しやすく、おいしい食べ物です。炎症を和らげてくれるような食品も含まれているとさらに効果的です。

 

風邪の時に食べたいものといえばやはりおかゆが思い浮かびます。おかゆは暖かくて消化もいいので、風邪の時に食べるのが定番ですね。一人暮らしで風邪を引いてしまうと凝った料理も作れないので、簡単なおかゆを作りおきして何度かに分けて食べるようにしましょう。

 

風邪に効く卵粥の作り方

 

私が風邪を引いた時に必ず作る卵粥のレシピです。

 

用意するものはご飯お茶碗一杯、水400cc前後(お好みで増やしたり減らしてOKです)、卵、しょうが、ネギ、お酒、塩、鶏がらスープの素です。

 

  • お鍋の中に水とご飯、しょうがを入れ、火にかけます。
  • 煮立ってきたら料理酒大さじ1杯、鶏がらスープ大さじ1/2を入れネギを加えて焦げないように混ぜていきます。
  • お米が好みの柔らかさになったら火を止め、卵を加えて軽く混ぜます。
  • 卵が固まったら塩で味を整えて完成です。

 

5分ぐらいで作れてしまうのでとても簡単です。風邪の時に便利ですが、普段食べても美味しいのでぜひ試してみてください。

 

消化に良くない食べ物

風邪を引いた時に消化の良くないものを食べてしまうと、下痢や嘔吐の原因になります。風邪の治りも遅くなってしまうので、胃に負担を掛けるような食べ物は避けてください。

 

脂っこいものや冷たいものはもちろん、野菜にも消化しにくいものがあるので注意してください。特にゴボウやたけのこ、キノコやレンコンなどはおかゆに入れて食べる人も多いのですが、実は繊維が多く、消化しにくい食べ物なので、風邪の時には食べないほうがいいんです。

 

辛いものや炭酸飲料は刺激が強く、胃や喉に負担をかけるので控えましょう。喉から炎症が広がると声がガラガラになったり、咳が止まらなくなったりします。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ