料理 味付け

料理の味付けが上手くなるコツ

スポンサードリンク

料理は味付けが全て

プロの料理人なら別ですが、一般庶民の我々が作る料理は結局のところ料理は味付けが全てです。少し焦げてしまったり、煮過ぎてしまっても味付けさえしっかりしていれば美味しく食べることができます。逆に、焼き加減がぱっちりでも味付けが悪ければ全て台無しになってしまうので、味付けだけはしっかりできるようにしておきましょう。

 

料理の味付けを失敗する人の特徴

  • レシピを見ない
  • アレンジする
  • 計らない
  • 味見しない

 

味付け以前に料理そのものを失敗してしまう人の特徴は「レシピをちゃんと見ない」ですね。初めて作る料理なら、自炊に慣れている人でもレシピを読んで勉強しますが、料理下手な人はどこからその自信が来るのか分かりませんが、レシピを見ずにイメージだけで味付けしてしまうんですよね。

 

初めて作る料理や慣れていない料理は、まずはレシピを読んで忠実に作るのが基本です。アレンジのその延長線上にあります。よく、「メシマズ嫁」とネット上で呼ばれるのですが、料理が下手な嫁のエピソードが語られています。特にアレンジがひどく、普通じゃ思いつかないような話もあって「えっ?本当に?」と思ってしまうこともありますね。

 

その中でよく出てくるのがジャム系です。肉じゃがや筑前煮などの煮物系にいちごジャムを加えたり、ハンバーグの中にジャムを入れたりするそうですが、こういうアレンジは普通じゃ思いつきませんよね。どうしてこういうアレンジが生まれてしまうかというと、レシピを読んでいないからです。もしかしたら別の要因もあるかもしれませんが、レシピ通りに作ればこういうミスや勘違いは絶対に起きませんよね。

 

計らないのも味付けを失敗する大きな失敗の原因です。レシピを読めばどんな調味料が必要かが分かりますが、肝心の分量を計らなければ味付けに失敗してしまいます。ですが、逆に言えばしっかり計れば美味しくなるということです。分量を計る癖がない人は、何を作るにも細かく計る癖をつけるだけで美味しい料理が作れるようになりますよ。

 

最後に味見についてです。味見をするだけで料理の成功率がグッと上がります。レシピ通りに作ってもちょっとした具材の違いなどで薄味になったり濃くなったりするので、調味料を全部入れたら1度味見して調整しましょう。

 

この4つのポイントを抑えるだけで確実に美味しい料理が作れるようになります。料理をしたばっかりの時はレシピ本に忠実に、変なアレンジを加えず作っていきましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ