油 処理

揚げ油の保存方法と処理方法

スポンサードリンク

揚げ油の保存と処理

揚げものが終わったあとの油って、どうやって保存したらいいか悩みますよね。一番いいのは使いきってしまうことですが、初めてだと使いきる方法や処理する方法がよくわからないと思います。

 

揚げ油は定期的に変えるものなので、人によっては使い続けて質が悪くなったらそのまま捨てるのではないでしょうか。おそらくこれが一番多いと思いますが、油をそのまま捨てるのってなんかもったいないと思いませんか?

 

そこで、揚げ油を使い切るために別の方法で活用しましょう。まず、正しい油の保存方法ですが、鍋の中に残すのはおすすめしません。揚げカスが残ると油が傷んで質が悪くなってしまうので、一回一回保存容器に移しましょう。

 

移す前に、揚カスはできるだけ取り除きます。後々こしますが、先に大きなものだけでも取り除いたほうが効率的です。

 

保存容器にはこすための網がついているので、そのまま油を容器に移します。熱々の状態だと危険なので、少し冷めてから行いましょう。

 

そして肝心の活用法ですが、2回〜3回ぐらい揚げ物用として使ったら、炒めもの用に使いまわしましょう。もしかしたら実践している人もいるかもしれませんが、私は初めてこの方法を知った時目から鱗が落ちました。

 

そうか、捨てずに使い回せばいいのか!とびっくりしましたね。いつもは油が茶色くなるまで使いまわすのですが、2回ぐらいなら全然きれいなので、きれいなうちに使いまわすのがコツなんだそうです。

 

そうすれば油を捨てる頻度も減りますし、経済的です。香りが大切な焼き物の時は向いていないかもしれませんが、野菜炒めや焼きそばなど、炒める系の料理の時は揚げ油を使いまわすようにしましょう。

 

油の処理方法

それでも余ってしまい、傷んでしまった油は処分しましょう。そのままシンクに流したりするのはNGです。正しい方法で処理しましょう。

 

処理の方法はいくつかありますが、一番簡単なのは牛乳パックを使う方法ですね。牛乳パックの中に新聞紙や雑誌(ジャンプなどのザラザラの紙)を詰め込んで、その中に油を流しこんで燃えるゴミとして捨てます。

 

油を固めるパウダーなども売られていますが、そういったものは必要ありません。量が多すぎる時は使ったほうがいいですが、一般家庭なら牛乳パックと新聞紙で十分です。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ