料理 盛り付け

料理の盛り付けが上手くいかない時はどうする?

スポンサードリンク

盛り付けが上手になるコツ

料理の盛り付けが上手くなるだけでも料理を作るモチベーションが上がります。盛り付けが上手くいかない人は、以下のチェック項目を確認してみましょう。

 

盛り付けを上手に行うコツ
高さを出す
料理を盛りすぎない
器との色合いを考える
仕上げにトッピングをする

 

盛り付けで意外と重要なのが高さです。べちゃっと盛り付けるとそれだけで汚く見えてしまうので、できるだけ高さを出すようにしましょう。山を作るように、丁寧に盛りつけるのがコツです。サラダやパスタはトングを使うと盛り付けやすいので、一つは持っておくと便利です。

 

また、器いっぱいに盛りすぎると汚く見えてしまいます。ある程度余裕を持って、少なめに盛りつけるだけで綺麗に見せることができます。おしゃれなお店に行くと、お皿がやけに大きく、盛り付けが少ないことがありますよね。これがテクニックなんです。料理を綺麗に見せたいなら、器の30%ぐらいは空白にするのがコツです。

 

上記の2点だけでも美味しそうに見えるのですが、さらに器にも拘るとさらにレベルの高い盛り付けができるようになります。手軽なのが黒いお皿です。黒いお皿を使うと、料理の色が映えるので美味しそうに見えます。みなさんは白いお皿を使うことが多いと思いますが、白は汚れも目立ってしまうので、意外と扱うのが難しいんです。

 

黒いお皿を使うだけで、まとまっていて美味しそうに見えるんです。白いと全体的にぼやっとしてしまうので、色々な工夫が必要なんですね。調理の段階で色合いを考えたり、盛り付けのトッピングを考えたりしないとおいしそうに見えないので、色々な手間がかかってしまいます。

 

料理を美味しく見せるなら、黒いお皿を使い、高さを出しつつも盛りすぎないのがコツです。まずはこの3点を意識してみましょう。仕上げのトッピングも見た目に大きな変化やアクセントを与えてくれますが、まずはこの3つが重要です。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ