賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限の違い

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違い

食品には賞味期限と消費期限がありますが、それぞれ明確な違いがあります。

 

賞味期限

賞味期限は「美味しく食べることができる期間」として設定されているものです。賞味期限は一般的に、保存が効くものに記載されています。お菓子やレトルト食品などに書かれていますね。

 

パッケージに書かれている保存方法でしっかりと保存すれば、賞味期限以内ならいつ食べても同じ味です。

 

賞味期限切れになってしまっても、数日以内なら問題なく食べられます。後ほど解説する消費期限とは違い、味の劣化がみられるだけなので体に害を及ぼすことはありません。とはいえ、5日以上期限が切れていたら注意したほうがいいです。見た目や匂いを確認して、いつもと違うようなら処分しましょう。

 

賞味期限にも例外があり、納豆や干物など元々長期保存を想定されたものの場合、賞味期限を少し過ぎた方が美味しいと感じる場合もあります。

 

注意したいのは、賞味期限といえど、開封してしまったら保存が効かなくなるということです。記載されている賞味期限は、正しい保存方法で未開封の場合に限るので、1度開封したらすぐに食べきってしまいましょう。

 

消費期限

消費期限は「期限以内に食べなければならないもの」として設定されています。長期保存ができず、5日経つと品質が劣化するものは消費期限が書かれています。卵やお弁当、ケーキなど、生鮮食品は消費期限になります。

 

消費期限は1日でも過ぎたら処分したほうが良いです。期限を過ぎると食中毒で嘔吐や腹痛など体に支障をきたす可能性がありますし、カビや腐敗が進むと他の食材にも影響を及ぼします。

 

賞味期限も消費期限も無いもの

食品の中には、消費期限や賞味期限が書かれていないものがあります。お米やアイスクリームなどが代表例です。意外と見落としがちなのがお米で、賞味期限が書かれていないためにいつまで経っても食べられると思ってしまいがちなのですが、お米の賞味期限は基本的に精米後1ヶ月〜2ヶ月が目安です。

 

お米は長期にわたって保存すると虫が湧いてしまうので、できるだけ早く食べきるほうが良いです。また、お米の保存は袋のままではなく、米びつに移すようにしましょう。袋のままだと害虫の侵入の危険があります。

 

アイスクリームはマイナス18度以下で保存すればいつまでも美味しく食べることができます。ただし、アイスクリームの場合も賞味期限と同じように未開封の場合に限ります。1度開封してしまうと水分が抜けて美味しく食べられないこともあるので、開封したら早めに食べ切るようにしましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ