食材の正しい保存方法

食材の正しい保存方法

スポンサードリンク

意外と知らない食材の正しい保存方法

料理をしたことがないと色々なものの保存の仕方がよく分かりませんよね。料理をする人でも、実は間違った保存を指定たということもあるので、正しい保存方法をチェックしていきましょう。

 

パン粉

パン粉には乾燥パン粉と生パン粉がありますが、どちらも冷凍保存するのがおすすめです。乾燥パン粉は常温で保存する人も多いと思いますが、生パン粉と同じようにカビが発生しやすいので、密閉して冷凍するのが良いです。

 

生パン粉は水分が含まれているので、冷凍するとしっとり感がなくなりパリパリになってしまいますが、常温で置いておけばふっくらしてくるので問題ありません。しかし、1度開けてしまうと生パン粉特有の風味が飛んでしまうので、早めに使い切るのが良いです。

 

小麦粉

小麦粉は常温保存する人が多いと思いますが、実は冷蔵保存が正しいです。袋のまま密閉可能なタッパー容器に入れ、冷蔵庫の中に入れましょう。冷蔵保存したからといって賞味期限が伸びるわけではないので注意してください。

 

砂糖

砂糖は未開封なら常温でOKですが、開封したら密閉し、暗くて乾燥しにくい場所で保存するようにしましょう。乾燥した場所においておくと固まってしまうので、冷蔵庫の中はあまり適していませんが、ダニの繁殖を防ぐことができるので、密閉容器に入れて冷蔵庫でもOKです。

 

一番良くないのは、蓋が開いている容器に入れ、常温で保存しておくことです。虫が入り込んでしまったり、色が変色する原因になるので、絶対に密閉しておきましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ