料理 寝かせる

料理を寝かせる意味は?

スポンサードリンク

料理を寝かせるのにはどんな意味があるのか

よく、料理を冷蔵庫で一晩寝かせたりしますが、これの意味はご存じですか?料理を寝かせるのには、味を染み込ませたり、熟成させるという意味があります。

 

カレーは作った翌日のほうが美味しいですが、これは一晩経って熟成しているからです。食材にも味が染みているので美味しいんですね。

 

ピザ生地やパン生地もラップをして寝かせますが、これは発酵が目的です。発酵させることで生地が何倍にも膨らみ、ふっくらとした柔らかい食感になります。

 

寝かせる時間
寝かせる時間も食材や料理によって変わります。半日寝かせると書かれているものは、だいたい4〜6時間が目安です。一晩寝かせると書かれているものは、だいたい8〜10時間ぐらいが目安なので覚えておきましょう。

 

圧力鍋を使えば寝かせなくてもOK!?
圧力鍋は真空状態で火を入れることで食材に熱がよく入り、短時間で味を染み込ませることができます。そのため、圧力鍋で作った料理なら一晩寝かせなくても美味しく食べることができます。

 

ですが、やはり圧力鍋で作った料理でも、冷まして一晩寝かせたほうが美味しくなりまsう。これはなぜかというと、冷やすことで食材に味が染み込みやすくなるため、一晩経ったほうが味が濃くなりおいしくなるんですね。

 

とはいえ、やはり圧力鍋のほうが味の含みが良いので、普通の鍋で作るよりも短時間の寝かせで十分に美味しくなりますので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。普通の鍋でコトコト煮込んでいる人は、完成したら冷まして冷蔵庫に入れ、次の日に食べたほうがおいしいです。作ったその日は味がうすいと感じても、次の日になると良い味付けに変化していることもあるので、まずは一晩様子を見てみましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ