料理 型抜き

料理 型抜き

スポンサードリンク

型抜きで見た目にこだわる

料理の見た目にもこだわるなら型抜きに挑戦しましょう。挑戦と言っても抜き型を買うだけなので簡単なのですが、手間を考えるとなかなかできないですね。

 

鍋に入れる人参の形を変えるだけでもいいアクセントになるので、こういったところから型抜きをしていくといいかもしれません。

 

抜き型にもいろいろな種類があります。形はもちろん、素材はステンレスや樹脂、シリコン、鉄など色々あります。

 

ステンレスや鉄の抜き型は硬いものを抜いたり、しっかりと形成したいときに使います。どちらかといえば「切る」に近いです。人参や大根といった硬いものは樹脂やシリコンだと加工できません。また、ハムや玉子焼きなど、崩れやすいものもステンレス製の方が良いです。

 

では、樹脂やシリコンはというと、切るというよりは整える感じで使います。ご飯をハート型にしたり、ハンバーグをまん丸にするときに形を整えるために使うのに適しています。お子さんのためのお弁当用に使う人が多いですね。

 

汎用性が高いのはステンレス製の抜き型です。ステンレスは錆びないですし、樹脂のように熱に弱いわけでもありませんから、1回買えばずっと使えますね。

 

ステンレス製の抜き型を買っておけば、クッキー作りやドーナツ作りにも活用できます。料理に慣れてくると色々なものが作りたくなりますし、この機会にお菓子作りにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ