料理 プロ並み

プロ並みの料理を作るにはどうすればいい?

スポンサードリンク

プロ並みの料理が作れるようになるコツ

外食で食べるような、いわゆるプロ並みの料理が作れるようになるのは難しいことではありません。プロとしてお店を出している人も最初はただの素人だったわけですし、サラリーマンが脱サラしてお店を出していることもあるので、我々でもプロ並みの料理をつくることは可能です。

 

では、具体的にプロ並みとはどういう料理なのか、プロ級の料理が作れる人とそうでない人の違いは何なのか?について考えていきましょう。

 

プロ並みの料理を作るために必要な項目

  • 料理に興味がある
  • 基本ができている
  • 毎日作る
  • 難しい料理にも挑戦する

 

大前提として、料理に興味がなければ美味しい料理を作ることはできません。美味しいものが食べたいから努力するわけですし、美味しいものを食べてほしいから作るわけです。料理に興味がなく、何を食べても一緒という人はプロ並みの料理は難しかもしれません。もちろん人によっては適当に作っただけでもお店レベルの料理が作れてしまうこともありますが、まず無理でしょう。

 

基本を抑えておくのも重要ですね。基本ができていなければ応用もできません。基本的な料理がちゃんと作れるようになるまでは、プロではなく一般的な主婦レベルを目指して頑張っていきましょう。

 

基本的な料理を作るのにおすすめの本は「The基本200」という本です。お味噌汁レベルからスタートするので基礎を抑えるのに適している本です。私はこの本のレシピを全て試してから応用するようになったので、まずはこの本を購入して全レシピ制覇を目指しましょう。

 

基本ができるようになるまでは練習続きです。外食する場合でも、毎日1回は台所に立ちましょう。朝食でトーストを焼くだけでも結構ですから、まずは台所に立つ癖をつけるのが大事です。ですが、これだけでは主婦レベルにもなっていませんよね。まずは毎日自分が食べる食事を作り続けましょう。レシピを覚えながら、どんどん料理を作っていきましょう。

 

難しい料理に挑戦するのもステップアップに必要です。同じレシピをひたすら作り続けるのも悪くはないのですが、それだと現状維持で終わってしまいます。プロ並みの料理をつくるなら、普段使わないような調味料を使った料理に挑戦したり、料理研究家の方々が出版しているレシピ本を参考にしながら珍しい料理も作ってみましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ