一人暮らし 冷蔵庫

一人暮らし 冷蔵庫

スポンサードリンク

料理の仕方で冷蔵庫を選ぶ

これからガンガン料理をしていくなら一人暮らしでも大きめの冷蔵庫の方がいいです。冷蔵庫はまさに大は小を兼ねるという言葉がピッタリで、小さいと不便に感じることが多く、大きくて後悔することは少ないですね。

 

特に料理をする人なら、野菜室が分かれていて冷凍室が大きめの冷蔵庫がおすすめです。カレーなどを作り置きして小分けにして冷凍しておいたり、ピザトーストなどの作りおきもします。とにかく作りおきが便利なので、冷凍庫は大きめでも絶対に後悔しません。

 

また、買いすぎたお肉や賞味期限が近いお肉は冷凍しておけば賞味期限が切れても使えるので、冷凍室は常にパンパンです。できるだけ冷凍室は大きいほうがいいと思います。

 

サイズについてですが、毎日料理をするなら200リットル以上あってもいいでしょう。私は安いスーパーで毎週食材を買い置きするので250リットルあっても無駄じゃないですね。毎日料理をしていますが、250リットルで足りないと感じることもあります。しかし、ここは部屋の間取りやキッチンの大きさで変わってくるので、自分でベストだと思うものを選びましょう。

冷蔵庫の形で選ぶ

意外と見落としがちなのが冷蔵庫の形です。デザインやサイズは好みでも、細かい機能性や形選びをミスると一気に使いにくくなるのでここもこだわりましょう。

 

まずはドアの向きです。どこに設置するのか、壁にぶつからないかを考えておかないと、設置してからドアが開かないということもあります。右側に壁があるのに右開きの冷蔵庫を選んでしまうと90度にしか開かず、物の出し入れがとても不便です。扉の開く向きを考えず失敗する人は意外と多いので、忘れずにチェックしましょう。

 

続いて消費電力ですが、消費電力は小さい冷蔵庫ほど効率が悪い傾向にあります。小さい冷蔵庫は大きい冷蔵庫に比べてエコ機能などがなく、非常に効率が悪いです。また、物を多く詰め込むとそれだけ冷やすのに時間がかかったり、隙間がなくなって消費電力が多くなります。料理をしない人でもある程度余裕を持って選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ