常備すると便利な食材

常備すると便利な食材

スポンサードリンク

常備しておくと便利な食材とは?

料理をつくろう!と思った時、冷蔵庫を覗くと何もなかったという経験をしたことがあると思います。とりあえずあるものでなにか作ろうとしてみても、微妙な食材ばかりでメインにならないこともありますよね。そういうことにならないように、メインになる食材を一つは常備しておきましょう。

 

とりあえずあれば何かしら作れる食材

  • じゃがいも
  • キャベツ
  • 白菜
  • 小麦粉

 

じゃがいもは副菜にも使えますが、メインとしても使える優秀な食材です。茹でて潰し、他の野菜やお肉を細かく刻んで揚げれば簡単なコロッケになります。余り野菜を処分することもできるので一石二鳥です。

 

キャベツは他の食材と炒めるだけで野菜炒めになりますし、他の料理のかさ増しとしても使えます。キャベツとコンソメで質素ですがスープにもなるので、とりあえずあると安心しますね。

 

白菜は保存しにくい食材ですが、あると便利です。豚肉があればミルフィーユ鍋になりますし、肉がなくてもあり合わせの食材を詰め込んだ鍋もできます。白菜はボリュームがあるのでお腹を満たすにはうってつけです。

 

野菜や肉がない時でも、卵さえあればおかずになります。卵かけご飯や目玉焼き丼など、調味料と調理法次第で違った料理に早変わりします。手早く作れるのも魅力の一つだと思います。また、卵さえあれば、有り合わせの野菜を使って卵とじにしてしまうこともできますから、じゃがいもと同じように余った食材を使い切る良いきっかけにもなりますね。

 

最後に小麦粉です。私は絶対に小麦粉だけは切らさないようにしています。小麦粉さえあればお好み焼きやパン、ピザ生地など主食を作ることができます。少し時間はかかりますが、うどんも意外と簡単なのでおすすめです。どうしてもお金がない時や、買いに行くのが面倒なときは小麦粉でなにか作ってみるのもいいと思います。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ