料理 赤ワイン

料理に入れる赤ワインの意味は?

スポンサードリンク

赤ワインって何のために入れるの?

海外の煮込み肉料理を作る時、必ずと言ってもいいぐらい出てくるのが赤ワイン。何のために入れてるのか分からないけどとりあえず入れているという場合や、家にはないから入れてないという人も多いと思います。結局のところ、赤ワインは何のために入れるのでしょうか。

 

赤ワインの効果

  • 肉の臭みを消す
  • 肉を柔らかくする
  • コクをアップする
  • 抗菌効果で肉が日持ちする
  • 上品な香り付け

 

赤ワインには、日本酒と同じように臭み消しや柔らかくする効果があります。これは赤ワインに含まれるタンニンの効果です。ワインに漬けておくだけで柔らかさが全然違います。

 

また、ビーフシチューなどには欠かせない赤ワインですが、これには色付けとコクを上げる意味があります。さらに、赤ワインを加える事で上品な香りになり、ワンランク上の料理に仕上げることもできます。

 

料理に赤ワインを使う場合、わざわざ新品のものを開けなくても十分です。少し古くなったものや、飲みかけで余ったものを使えればいいので、とりあえず赤ワインがあればそれを使いましょう。

 

赤ワインは別のもので代用できない

赤ワインってたまにしか作らない料理に必要になることが多いので、ついつい買い忘れたり、買ってあっても賞味期限が切れちゃってたりするんですよね。そういう時に別のもので代用できなかな?と調べてみたりするのですが、残念ながら赤ワインは別のもので代用できません。

 

赤ワイン特有の香り付けと色付けは別のものでは難しいですし、味もかなり変わってしまいます。アルコールの働きなら料理酒でも代用できますが、料理酒だと肉の旨味が抜けてしまうので、赤ワインで煮込みたい料理には向いていないんですね。

 

料理の中でも赤ワインが必要な料理って、赤ワインがある意味メインになっているというか、赤ワインありきの料理ばかりなので、別のものにしてしまうと味が全然違ったものになってしまうんです。しかし、そこまでこだわっていないのであれば日本酒やビールで代用しても問題ありません。

 

仕上がりは赤ワインに劣りますが、家庭で食べる分にはそこまで気にならないかもしれません。とはいえ、コンビニに売っている安い赤ワインでも十分に役割を果たせるので、完璧に作りたい場合は近くのお店で買っておくのがいいでしょう。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ