一人暮らし チャーハン

一人暮らし チャーハン

スポンサードリンク

一人暮らしは余り物を使えるチャーハンがおすすめ!

一人暮らしではチャーハンを食べることが多くなると思いますが、やっぱりチャーハンは一人暮らしの強い味方です。チャーハンのいいところは、コストが安いことと、余った食材が使えることですね。野菜炒めと似ていて、お米と卵さえあればチャーハンになるので、後は余っている野菜を細かく刻んで入れたり、付け合せとして食べるだけです。

 

ご飯も余っているものを使えますね。冷凍ご飯を回答して卵と絡めて炒めるだけなので光熱費も安く、余り物を処分できるので2日に1回ぐらい食べる人もいますね。

 

チャーハンに入れると美味しい食材

  • ネギ
  • かまぼこ
  • チャーシュー

 

よくあるチャーハンの具材です。一般家庭でもこれだけ入れておけば美味しくなりますが、チャーシューやかまぼこをわざわざ買ってまで入れる人は少ないのではないでしょうか。かまぼこの代わりにちくわを使ったり、チャーシューの代わりに余った豚肉を入れたりしても十分に美味しく食べられます。

 

チャーハンの味付けを変える

 

チャーハンといっても味付けは色々ありますね。基本の塩コショウ以外にも、焦がし醤油や焼肉のタレなどもおいしいですよ。豆板醤をいれてピリ辛にしても美味しく食べられます。

 

焼きそばの麺が一袋だけ余っているようなときはソースと合わせて作るそば飯もおすすめです。ちょっとチャーハンとはかけ離れてしまいましたが、チャーハンの材料さえあればこういった料理にも活用できるので覚えておくといいかもしれません。

 

チャーハンの具材を変えるだけでもまた違った感じになります。

 

キムチを入れればキムチチャーハンに、レタスを入れればレタスチャーハン、エビチャーハンや鮭チャーハンなど、毎日違った具材を入れれば1ヶ月間チャーハンでも暮らせるかもしれません。

 

作ったら冷凍保存して、レンジでチンして食べられるようにするのも便利なので、是非試してみてくださいね!

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ