一人暮らしの食費

一人暮らしの食費

スポンサードリンク

一人暮らしの食費はどれぐらい?

一人暮らしの食費は努力すればするほど安くなりますが、少し油断するとすごく高くなるので注意が必要です。特に注意したいのが「自炊は必ず安くなるわけではない」ということです。

 

自炊をしたことない人は勘違いしがちなのですが、自炊は意外とお金がかかります。スーパーのおつとめ品などを上手く使えばそれなりに安くなりますが、おかずを一から十まで作ってしまうと外食より高くなることがあるので、自炊にも工夫が必要です。

 

自炊に必要なものを揃えたりしなければならないので、初期費用も結構かかります。フライパンや鍋、包丁などの調理器具や調味料、食材などがかかりますので、自炊を始めるときに多めのお金がかかります。

 

調理器具だけで2万ぐらいで、そこに調味料と食材が入るとだいたい3万円前後必要になります。ご飯を炊くための炊飯器なども含めるともっとかかってしまうので、自炊をするためにも結構お金がかかってしまうんですね。

 

大学生ぐらいだと食費は2万円ぐらいが多いようです。大学生だと学食を使う場合もあるようで、結構差がありますね。お金に余裕がある人は毎日外食しているそうですが、やっぱり外食するなら自炊の方が後々安くなるので、初期費用がかかっても自炊に切り替えたほうがいいです。

 

食材の買い方

 

スーパーで食材を買うときにも安くすませるコツがあります。まず、食材は食べきれる量を買うのが鉄則です。例えば、白菜は1つ丸々売ってるものと1/4カットされているものがありますが、一人暮らしなら1/4を買うようにしましょう。

 

カットされているものはカットされていないものに比べてコスパが悪いように感じてしまいますが、使い切れず捨ててしまうのが一番勿体無く、食費の無駄になるので、少し割高でもカットされている方がいいです。

 

他の野菜も同様です。人参も3本セットより1本、トマトもパックよりバラ売りを選ぶようにするのが安く済ませるコツです。逆に、調味料は大きい物を選ぶのがおすすめです。量が少ないタイプだとすぐに使いきってしまいますし、調味料は日持ちするものが多いので大きいサイズでいいと思います。

 

食費を安くできるかどうかは経験が重要です。1年、2年と自炊を続けていれば、自然と安く済ませるコツが分かってきますし、食べきれる食材の買い方が分かるようになります。

スポンサードリンク



ホーム RSS購読 サイトマップ